2008年 5月

2008年5月29日(木)
雑誌掲載情報〜アルミ弁当箱

またまた雑誌に弊社の製品が掲載されます。6月1日発売の『MART(マート)7月号』でアルミ弁当箱・角型が紹介されています。
中学生のお子さん向けに、軽くて強度もあり衛生的なお弁当箱、として写真のようなキレイな盛り付けでご案内いただいております。
同じ雑誌のお弁当作りコーナーにも弊社のアルミ弁当箱で盛り付けされた写真も載っております、ご覧いただければアルミ弁当箱のよさをあらためておわかりいただけると思います。
ところでこのマートという雑誌、なかなか内容が充実しています。生活雑貨に携わっているモノとしてもとても参考になる雑誌ですね。

2008年5月26日(月)
郷土と天文の博物館

先週末に地元葛飾区の『郷土と天文の博物館』に行ってきました。本来の目的はすっかり有名になったプラネタリウムだったのですが、館内2階の昭和30年代葛飾区の生活の再現展示には目をひかれました。
区内の零細家内工業の生活ぶりを再現した展示ですで、実際に作業場や家の中まで入ることが出来ます。展示の中には弊社の創業者・平山昌一が大一アルミを創業するまでお世話になってた大東金属工業製の台所用品などが展示されているなど、とても懐かしい空間です。
この空間にはプラスチック製やフッ素樹脂加工のキッチン用品は皆無です。昔はアルミ製品はお台所用品の主役、加工性や使い勝手にこれほど優れた素材はなかったのでしょう。
時代は変わりましたが弊社はアルミのよさを様々な分野の商品に取り入れ、これからも皆様の生活空間をより豊かになるようご提案していきたいと思います。

2008年5月22日(木)
花も一新

社長の花好きについては以前もご案内いたしましたが、今月事務所脇のお花が一新されました。先々週末、奥様と二人でプランターの花を新しいものに入れ替えたそうです。
我々はただ鑑賞しているだけにすぎませんが、そういえば近所のホームセンターで新しい園芸用の土を買ってこられていましたね。重たい買い物だったでしょうね、次回はお手伝いいたしますよ。
季節も暖かくなってきました、お陰で写真もきれいに撮れました。

2008年5月15日(木)
見本市に参加しました

13日・14日と都内で開かれた弊社お取引先である文具卸グループ様の見本市に参加いたしました。この見本市には関東甲信越を中心に文具小売業の皆様が多数ご来場され、弊社もこの夏・秋向け商談を積極的に行なうことができました。都内や近郊のお客様にもまして遠方からご来場されたお客様方がとても熱心に商品を見ていらっしゃったのが印象的でした。実際、お買い上げいただいた金額も多く、商談させていただいたなかで鮮度の高い商品情報を求めていらっしゃる熱意が強く伝わってきました。
わざわざ遠方から出向いていただいているだけでも恐縮してしまいますが、我々メーカーもその熱意応えるため、よりよいモノ作りに切磋しなくてはいけないと気合が入りました。

2008年5月12日(月)
台湾展示会事情

少々以前のことになってしまい申し訳ございませんが、4月の下旬から台北と香港の展示会(ともにギフト関連商品の大きなフェア)を視察に行ってきました。
今回は台湾の展示会事情についてお知らせしたいと思います。同じ展示会には5〜6年前までしばしば訪れていたのですが、ここしばらく間があいてしまいました。結論から言いますと、展示会の規模・出展業者は半分以下になってしまい拍子抜けしてしまいました。
いまや多くの台湾企業が中国大陸に生産の拠点を移しており、こうした業者は中国や香港のように欧米バイヤーが大挙して来場する展示会に出展する傾向にあるようです。今回台北の会場で視察した地元業者の商品も心なしか魅力が薄れて見えたのもこうした傾向とは無関係ではないでしょう。
一方、台北の街中には日本の小売業者や日系ブランドがあふれんばかりに目に付き、ここは東京か?と錯覚するかのような光景が…。
哈日族 (ハーリーズー:日本の商品やサブカルチャーが大好きな台湾のヤング)は大いに結構ですが、大国の影響を大きく受けやすい台湾の実情を実感してきました。