2015年 11月

2015年11月25日(水)
スクラップ処分
早いもので来月は12月。今年は、年の瀬が迫る前に早目にアルミスクラップの処分を行いました。
アルミ板のプレス加工の工程で出た材料の抜きカス部分や、検品段階で選別した不良品などを一気に処分します。写真の大型トラックの荷台を見てください。これらの破片はアルミ板をプレス加工して弁当箱など様々な製品を生産する最初の過程で生じる『残りカス』です。しか〜し!残りカスと簡単に扱ってはいけません!アルミは代表的なリサイクル可能金属であるのはご存知の通りでしょう。荷台に載せられたこれらのアルミスクラップは専門業者を通じて再生され、新たな分野で再び活躍します。
こうしてスクラップを処理 するに付け、エコでムダのない素材アルミニウムの良さを感じてしまいます。