2017年 11月

2017年11月1日(水)
久々の香港見本市
先週10月20日〜21日、久々に香港で開催されたギフトの国際見本市Mega Showを視察してきました。
マンネリ化と中国企業の出展が増えたため、この数年は視察を見送ってきましたが、『そろそろ目当たらいしい、革新的な商品でも見ることができるかな?』という期待を胸に2日間広大な会場を歩き回りました。
結論は…、オイオイずいぶん迫力がない見本市になってしまったなぁ〜、という感想です。今や出展者の最大勢力となった中国企業よ、『他社のマネしていいとは言わないけど、もう少し苦労してものづくりに挑戦してみろよ』というのが個人的な意見です。
すなわち、容易に大量生産できて品質リスクが伴いにくい商品がやたらと多いように思えます。
かつては弊社のアルミ製品の模倣品も会場で見られました、しかし今回は皆無です。それどころか金属製品は激減 、反面、プラスチック・紙・ファブリック製品は目が回るほどの量で展示されています。
中国では一人っ子政策と早すぎるペースの経済成長の影響で、苦労してものづくりをする文化も日本以上の早さで若者から失われるのかもしれません。