2020年 5月

2020年5月26日(火)
アルミの表面ではコロナウイルスが死滅しやすい?

皆様、巣ごもり状態からようやく解放されますね!緊急事態宣言が全面解除になりました、最後の頃はすでに緩みがちでしたけど、やっぱり気分は晴れますよね。『人類は新型コロナウイルスといかに共生すべきか』、昨今メディアでよく見聞きするフレーズです。
3月、米国・国立衛生研究所により、銅の表面では新型コロナウイルスが4時間程度で死滅するという実験データが発表されました。
そこでアルミはどうなのかなぁ?と海外の権威ある研究データを調べてみました。
あいにくCOVID-19(新型コロナウイルス)による実験データはまだ見当たりませんでしたが、“ヒトコロナウイルス(HCoV)”による実験では612時間程度で死滅するようです。

The Journal of Hospital Infection Healthcare Infection Society英国衛生感染学会)より
<写真の折れ線グラフ>
  ■:アルミ
  ●:洗浄用殺菌スポンジ
  ▲:ゴム製医療用手袋

興味がある方はぜひご一読ください(英文ですが)https://www.journalofhospitalinfection.com/action/showPdf?pii=S0195-6701%2800%2990795-3

https://www.journalofhospitalinfection.com/article/S0195-6701(20)30046-3/fulltext